VICAM社製品ホーム

穀類・豆類・果実・種実類・香辛料類・ミルク・ビール・植物油・タバコ等の中のマイコトキシン測定に用途に合わせ、バイカム社製各種検出キット・測定機器をお選びください。

マイコトキシン検出キット

ビスフェノールA測定専用キット
●ビスフェノールA検出

 

定性用 - チェックシリーズ(結果は目視判断)

●総アフラトキシン検出:アフラチェック

●デオキシニバレノール検出:ドンチェック

定量用 - バートゥ(VERTU)シリーズ (結果は数値表示)

●総アフラトキシン検出
●デオキシニバレノール検出

●アフラM1トキシン検出
●ゼアラレノン検出

●オクラトキシン検出
●フモニシン検出

マイコトキシン定量測定装置

シリーズ4EXフルオロメーター

専用IACカラム使用・数値表示
AOAC Official Method認可・総アフラトキシン簡易測定装置の基準適合
対応トキシン:総アフラトキシン、アフラトキシンB1・B2、アフラM1トキシン、オクラトキシン、ゼアラレノン、フモニシン

バートゥ(VERTU)簡易定量測定機

専用ラテラルフローストリップを使用、数値表示
総アフラトキシン簡易測定装置の基準適合・USDA-GIPSA認可
対応トキシン:総アフラトキシン、アフラトキシンB1・B2、アフラM1トキシン、デオキシニバレノール、オクラトキシン、ゼアラレノン、フモニシン

総アフラトキシン用(PR法)装置 厚生労働省記載・VICAM社推奨機器
誘導化システム:紫外線光化学反応器 総アフラトキシン分析用
関連用品・消耗品
VICAM社について

1985年からマイコトキシンテストキットの製造・販売を始め、現在では全世界46ヶ所の代理店で、100ヶ国以上に製品を供給し、グローバルに食の安全安心を提供しています。
バイカム社のカラムはイムノアフィニティーカラム(IACカラム)です。バイカム社のIACカラムは米国(AOAC、FDS、FGIS、USDA)、カナダ、欧州連合諸国、オーストラリア、南アフリカ、チリ、コロンビア、中国、台湾、韓国、シンガポール、インド、タイ、マレシーア、ベトナムなどの世界の主要生産国、消費国で公定法或は標準法として採用されています。
日本でも2008年7月28日厚生労働省通知食安監発第0728004号で、試験法にイムノアフィニティーカラム法が追加されました。「AflaTest WB(VICAM社、米国製、対象トータルアフラトキシン)」が記載されています。
イムノアフィニティーカラム法では試料を粉砕、濾過し、濾液をモノクローナル抗体がコーティングされているビーズ入りのカラムに通し、試料中のマイコトキシンを溶出させ、これを蛍光検出器付HPLCで分析するか、或はバイカム社製専用フルオロメーターを用いて定量し、15分で分析可能(試料の粉砕、抽出時間を除く)です。
平成23年8月16日厚生労働省医薬食品局食品安全部通知食安発0816第2号で総アフラトキシンの試験法にも「AflaTest WB(VICAM社製)の使用が記載されています。さらに「AflaTest WB-SR(抗体強化型)」がホワイトペッパー・プラックペッパー・ガラムマサラ・ナツメグ・スターアニス・ターメリック・カカオ豆・ココア等で非常に良い結果が認められています。
バイカム社は現在、マイコトキシン測定用IACカラムとしてアフラトキシン、アフラM1トキシン(厚生労働省通知アフラトキシンM1試験法適用)オクラトキシン、ゼアラレノン、デオキシニバレノール、フモニシン、T-2/HT-2、シトリニン等10種類のカラムを取り揃えています。
さらに、2018年5月にビスフェノールA測定専用(bisphenol A, BPA)のBPAテストを発売し、今までの食料品以外、健康を阻害する包装や容器等の安全考慮も注視しています。
イムノクロマト法には定性用チェックシリーズアフラトキシン(USDA FGISの承認)、デオキシニバレノール対応以外、定量用のバートゥ(VERTU)シリーズアフラトキシン、アフラM1トキシン(厚生労働省通知アフラトキシンM1試験法適用)、デオキシニバレノール、オクラトキシン、ゼアラレノン、フモニシン(USDA-GIPSA承認)等対応のラテラルフローストリップテストを取り揃えています。
バイカム社は世界のお客様に優れた品質の提供と共に迅速な技術サポートの向上を目指しております。
技術サポートセンターでは積極的に各国の研究所と協力し共同研究を行い、お客様には最新の情報を一早くお伝えしています。更に技術サポート員を派遣し、ユーザー様への直接技術サポート支援や意見交換をしております。
世界の食品の安全・安心を全力サポート致します。どうぞご愛顧いただきますようお願いいたします。